ようこそゲストさん

chapter2
お肌の大敵「活性酸素」

過剰な活性酸素によって引き起こされる障害・疾患の例
[図] 過剰な活性酸素によって引き起こされる障害・疾患の例*

紫外線は光そのものの直接作用と、光を浴びた際に発生する活性酸素による間接作用で、肌の細胞に傷害を与えます。特に紫外線の約9割を占めるUVAには直接作用は少なく、活性酸素による間接作用が問題となります。

酸素は人間が生きていく上で、欠かせないものですが、体内に入った酸素の1~2%が活性酸素に変化します。この活性酸素が過剰に生成されると、細胞の遺伝子やその構成要素の核酸、たんぱく質や脂質、糖などを酸化し、からだにさまざまなダメージを与え、がんなどの病気や老化の一因になることが知られています。人のからだには活性酸素の害を防ぐシステムがありますが、活性酸素が過剰になると、処理が追いつかなくなります。そのため、活性酸素の害を防ぐ働きを持つ抗酸化物質を、食品や飲料から積極的に摂り入れることが重要になります。

スマートフォンアプリ「ネスレUV予報」

スマートフォンアプリ「ネスレUV予報」

本アプリは、紫外線から肌を守るための指標と最新の情報に基づいた正しい知識を提供し、毎日の紫外線対策に活用いただくため、紫外線障害と皮膚科学分野の権威である市橋正光 先生(神戸大学名誉教授、再生未来クリニック院長)の監修のもと、開発されました。
アプリに登録した地域・外出傾向・肌タイプ等と、毎日の天気から、UVの強さや、今日の肌危険度等がひと目でわかる、毎日手放せないアプリです。紫外線やUV対策に関するまめ知識も掲載。
さっそくダウンロードして使ってみませんか? しかも無料です。

主な機能・コンテンツ
お肌危険度表示 / UVの強さ予報 / 天気予報 / お肌、紫外線に関する豆知識

for iPhone - Apple Storeのページへ

for Android - Google Playのページへ

対応OS:Android OS 2.2以降
推奨端末:XPERIA arc、XPERIA acro、GALAXY S、GALAXY S II他
※タブレット、GALAXY Note は非対応